クレジットカード現金化比較はココを見る|業者選びの3つポイント

初めてクレジットカードの現金化サービスを利用する時にたくさん業者があり過ぎて「どの業者を選べば良いのだろう」と悩んでしまう事はよくあることです。選ぼうとしても何もわからないので正直比較したとしても換金率くらいしか比べることができません。しかし換金率だけを比較して高い換金率の業者を選んでいると痛い目に合うことが多々あります。どこの現金化サイトにも記載されている換金率は最大値なので実際に振込まれる金額は表記された換金率で計算されたものではありません。

換金率は利用金額に応じて変動するので最大換金率が適応されることは稀となります。大体平均的には70~80%とお考えいただいたほうが良いと思います。換金率も大事ですが現金化サービスを行う業者の中には詐欺まがいな取引を行う業者も存在しますので、振り込みまでトラブル無く行えることが何より大切な事なのではないでしょうか。これらを踏まえて初めての方でもクレジットカード現金化を行う時の比較の仕方についてどこを見て比べれば良いのかご紹介したしますので最後までおつきあい下さい。

初めての現金化@比較するなら3つのポイントを押さえるべし!

比較するべき3つのポイント
  1. 現金化方法
  2. 電話対応
  3. 換金率

 

比較するポイントは探せばいくらでもありますが、初めての方のための比較ポイントなので分かり易い3つを挙げさせてもらいました。まずは現金化方法。クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠を換金する行為ですからクレジット決済をして何かしら物を買うことになります。この方法によって振り込みまでのスピードや違法性、利用停止のリスクなどが決まってきますのでかなり重要なポイントとなります。そして電話対応ですが、スタッフの対応が悪いところははっきり言って良いサービスを提供しているとはいえないので初心者でも最も判断しやすい項目といえます。最後に重要な換金率です。いくら手元に残るのかが決まるクレジットカード現金化の最重要項目となります。この換金率のカラクリを少し理解するだけで簡単に本当の換金率で比較ができるので失敗しない現金化ができることでしょう。それでは各項目について見ていきましょう。

現金化方法

初めての方のための比較ポイントなので分かり易く3つご紹介しますが、まずは現金化方法です。クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠を換金する行為ですからクレジット決済をして何かしら物を買うことになります。買取方式の場合、購入商品を発送して買取をするのでその分タイムロスが発生してしまいますが昔からある方法で購入した商品を買い取るだけなので違法性が極めて低い現金化方法と言えます。逆にキャッシュバック方式と言われる特典付き商品を購入する場合、商取引を偽装した現金化取引と見なされることが稀にあり違法性が指摘されれいる反面クレジット決済が確認出来次第すぐに振り込みがされるので急いでいる時は非常に便利といえます。その他に最近アマゾンギフト券を専門に取り扱う買取業者が非常に多く存在しています。アマゾンギフト券は金券類にも関わらずクレジットカードの利用停止リスクが極め低い高換金率商品として今注目されています。即日現金化ができて買取の際の商品の発送もEメールタイプのギフト券を扱うのでメールだけで済みます。総合的に利便性が高い反面まだ歴史の浅い商品なだけにしっかりした業者を利用しないとトラブルになることがあります。

電話対応

電話対応はとても良い判断基準となり、何サイトか問い合わせて感じが良くない業者は自然と利用を避けるものではないでしょうか?実際に話を聞いてくれて自分が求めていることが聞けたら信頼性が増すものです。初めて現金化業者に問い合わせた方が口を揃えて言うことは「正確な換金率を教えてくれない」や「身分証を提示しないと話が進まなかった」などが挙げられます。たしかに何のために問い合わせているのか答えがでなければ骨折り損のくたびれもうけとなってしましますし、親身になって話を聞いてくれるところを利用しようと思うことが普通です。電話対応を比較するなら納得のできる答えを出してくれる業者を選ぶべきと言えます。

換金率

最も気になる換金率を比較するならまずはあまりに高い換金率を提示してくる業者は疑うことです。調子よく「うちは95%ですよ」など高すぎる換金率を提示してくる業者には裏があります。90%の換金率はまず有りえませんので最終的に90%で計算した金額から手数料、内税など諸経費が引かれて振込まれる可能性が高いです。その結果換金率で換算すると70%以下ということはよく聞く話です。そもそもホームページに記載されている最大換金率で利用しようとすると利用金額は軽く100万円を越えてしまします。クレジットカード現金化で高額利用者はもちろんいますがそれは少数のコーポレートカードなど事業主専用のクレジットカードを使う場合などですので50万円利用したとしても90%はなかなか現実的ではありません。やはり平均的な換金率は業者によって変わりますが75%前後と把握しておいたほうが良さそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ